革製バッグクリーニング

革製バッグいろんなタイプがあるバッグですが、中でも最も高価でメンテナンスに気を使うのが革製バッグです。重厚感があり、どっしりとした雰囲気が魅力ですが、カビが発生しやすい点がデメリットでもあります。革製バッグに発生したカビは天日干しをすることで、ある程度カビの除去を行うことができます。日光は殺菌効果に優れているため、ある程度の時間天日干しをすることでカビに対して効果を期待できます。

天日干しだけではカビの除去ができない場合には、重曹水を使用します。重曹水をスプレーに入れ、バッグ全体に吹きかけます。そして布で優しく水分を拭き取ります。これだけでカビの除去は簡単にできますし、仕上がりにも違いが見られます。ただ重曹水を使用した後は革が乾燥してしまいます。ひび割れの原因にもなってしまうため、仕上げに油性のクリームを薄く塗り、適度に油分を補ってあげることが必要です。

革製バッグは天日干しや重曹水などである程度汚れやカビの除去をすることができます。しかし高額な商品になるほど、クリーニングで傷をつけたくないという方もいます。そんな方は専門の業者にバッグクリーニングの依頼をすると安心です。大切なバッグに傷をつけることなく以前の輝きを取り戻すことができます。

Pocket

布バッグクリーニング

布製バッグ

布の独特の質感や軽さなどで人気があるのが布製バッグです。布は使用していると汚れが目立ってしまいますし、またカビが発生してしまうこともあります。こういったことが起こった時に何らかの方法で対処したいと思うことでしょう。布のバッグは自分でクリーニングを行うことで以前のような状態に近づけることができます。正しい方法を知ってクリーニングを行っていく必要があります。

布製バッグをクリーニングするのに効果的なのは重曹水です。重曹水をスプレーに入れてバッグ全体にふりかけます。そして濡れたふきんやスポンジを使って拭いていきます。そうすれば汚れをある程度除去していくことができます。クリーニングをしたバッグは濡れているため、天日干しで乾かしていく必要があります。この際日光が直接当たる場所にバッグを置くことは避けましょう。色あせの原因となってしまいます。

布製バッグはある程度強度があるため、クリーニングがしやすいタイプだといえます。しかしバッグによっては色あせができてしまうこともあります。大切に使用しているため、色あせは避けたいという方もいることでしょう。そんな場合にはプロの業者にバッグクリーニングを依頼したほうがいいでしょう。そうすれば色あせも起こりませんし、きれいな状態に戻って満足感も得られます。

Pocket

ナイロンバッグクリーニング

ナイロン製のバッグ軽くて気軽に使用でき、デザイン性にも優れているのがナイロン製のバッグです。丈夫で少々雨に濡れても耐久性があるので、毎日の使用には特に適しています。ナイロン製のバッグも汚れてしまうことがあります。使用を継続していると汚れがどんどん増えて目立ってしまいます。日々使うバッグは大切なものですから、捨てるのはとてももったいないことです。そんな時に行いたいのがバッグクリーニングです。

バッグはクリーニングを行うことで以前のような輝きを取り戻し、今まで通りに使用していくことができます。お気に入りのバッグを選んで購入したのですから、長持ちさせたいと思うことでしょう。ナイロン製のバッグもカビが発生することがあります。こういった時にはエタノールで全体をスプレーします。その後に中性洗剤洗剤を使用して優しく洗濯をすれば汚れをきれいに除去することができます。

ただナイロンのバッグのなかにはエタノールを使用すると色があせてしまうものがありますので、あらかじめ素材を確認しましょう。素材が分からない場合には目立たない部位で試してみることが大切です。自分でクリーニングをすることに不安があるという方は、バッグクリーニングの業者に依頼したほうが得策です。専門の業者では費用は掛かりますが、その分仕上がりの点でも満足できます。

Pocket

バッグクリーニング

様々なアイテムを入れて持ち歩くために欠かせないのがバッグです。簡単に多くのアイテムを入れることができますし、ファッションの一部として重要に感じている方も多いのではないでしょうか。そんなバッグは日々使用していると、汚れが付着してしまうことがあります。またいつの間にかカビが発生してしまうことも結構あるものです。汚れやカビは目立ってしまいますし、せっかくデザインのいいバッグでも見た目が悪くなってしまいます。

バッグ使用しているバッグの汚れが目立つ時や、カビが発生してしまった時にはもう捨ててしまわないといけないのかと思いがちですが、対処する方法が実はあります。最も簡単な方法は自宅でセルフクリーニングするというものです。セルフクリーニングでは自分で用意できる洗剤などを使用してクリーニングを行っていきます。バッグには様々な素やデザインのものがありますが、特殊な素材や複雑なデザインでない場合は簡単に自分でクリーニングすることができます。

セルフクリーニングが難しい場合にはプロの専門業者に依頼するという方法もあります。最近では様々な素材のバッグをクリーニングしてもらえるお店が全国各地に見られるようになってきました。こういった業者でバッグクリーニングを依頼するという方法もあります。特殊なバッグをクリーニングしたい方や忙しく自分でクリーニングできない方にとって最適です。このサイトでは気に入ったバッグの不具合について、バッグクリーニングの方法について説明をしています。バッグの汚れやカビで困っている方は是非参考にしてみましょう。

Pocket